加藤昌男(かとうまさお)画像加藤昌男(かとうまさお)。経営・人事コンサルタント(中小企業診断士資格、日本生産性本部認定経営コンサルタント資格)。1960年生まれ。早稲田大学商学部卒。著書・論文多数。全国のお客さまをご支援しております。

 千葉県銚子市出身、千葉県船橋市在住。 日本鋼管、リクルート、日本生産性本部を経て、現在は人事・経営コンサルタント(中小企業診断士資格、日本生産性本部認定経営コンサルタント資格)。

 中小企業診断士の資格を取ってから、もう二十数年が過ぎ、実務経験だけでなく著書・論文も増えました。日本生産性本部経営コンサルタント養成講座(1年間)を修了。
 人事だけでなく、マーケティング、店舗管理から財務、IE・生産管理まで実践的に学んで来ました。様々な業種での実務経験も豊富です。だからこそ経営の視点(会社を良くする全体最適化視点)から会社が成長・発展する人事戦略「会社を良くする人事」が可能になります。
 結局、会社全体が良くなる事が、社長にとっても社員にとっても、また社会にとっても一番良いことです。
 会社を成長・発展させるには業績向上と人材育成を両立する必要があります。一言で言えば、会社を成長・発展させ得る「良い成果主義(超・成果主義)とは人材育成・チームワークのできる成果主義」なのです。

1. 主なコンサルティング領域

 会社が成長・発展する人事戦略業績向上と人材育成を両立するポスト成果主義人事制度の設計と運用、組織活性化人材育成が専門領域です。一言で言えば「の側面から貴方の会社を良くする専門家」です。全体最適化問題解決の専門家(経営全体がわかるコンサルタント)が人事領域を担当するので効果的です。

 業績向上・人材育成につながる組織活性化・動機付け施策を盛り込んだ「経営発展に貢献する(会社が良くなる)」人事システムを効率的かつ効果的に設計・運用するノウハウをご提供いたします。
→専門領域のページへ

(1)コンルサルティングの特徴

 著作・論文の形で発表した「オリジナル開発の技法・ツール」等の実績に基づく創造性・問題解決能力を、お客様の中長期的業績を高め、お客様の会社を発展させるという本質に向けて集中します。
 その特徴が具体化したものが、業績向上・成果創造・人材育成につながる組織活性化・動機付け施策を盛り込んだ「会社を良くする人事コンルサルティング」(「超・成果主義」)です。

 コンルサルティングの特徴は別のページで詳しくご紹介しています。

2. 学歴

早稲田大学商学部卒業、現代経営学ゼミナール(鈴木英寿先生ご指導)/U.Waseda
卒論「カール・R・ポパーの批判的合理主義」
ポパーは、科学には反証可能性が必要と主張しました。理論は、なんらかの新事実により倒される可能性を残すべきと。
それは、知的な誠実さです。その態度が、科学と似非科学を分けるメルクマールだと。
要は、ドグマに陥らないことが大切。経営環境や社会、人心が変われば、有効な経営学理論・心理学理論も変わります。ましてや、人事管理ノウハウが変わらないわけがありません。
早稲田大学経営科学講座「人事・組織戦略」履修
(財)日本生産性本部主催「経営コンサルタント養成講座」修了
U.C.Berkeley  短期講座(マネジメント)受講

U.C.Berkeley  短期講座(マネジメント)受講U.C.Berkeley  短期講座(マネジメント)修了証書授与の場面

3. 資格など

通産大臣認定:中小企業診断士(商業部門)
(財)日本生産性本部認定 経営コンサルタント
自動車運転免許証(普通)
JAF自動車競技許可証:運転者A(過去に取得し現在は失効)
剣道初段

4. 主な著書

「個力を引き出し 強い組織をつくる『超・成果主義』」2005年、単著、日本経済新聞社
「戦略的公務経営のためのOJT」執筆、2007年、財団法人公務研修協議会 など……
(→著書・論文紹介ページへ)
「個力を引き出し 強い組織をつくる『超・成果主義』」加藤昌男著、日本経済新聞社「戦略医業経営の21章」 2006年、共著 医学通信社「業績直結型 評価制度実例集」2002年、共著、政経研究所「戦略医業経営の17章」2000年、共著、医学通信社「すぐにつかえる管理間接コスト削減マニュアル」1997年、共著、生産性出版月刊保険診療連載「医業経営 救Q外来」 寄稿、医学通信社「中小企業診断士資格をとろう」1993年、寄稿、法学書院 合格体験記「中小企業診断士資格をとろう」1993年、寄稿、法学書院

5. 論文

(→著書・論文紹介ページへ)

6. 趣味と価値観、そして仕事への思い

 趣味とそこで大切にしていること、価値観が仕事への思いにつながります。例えばトヨタ・プリウスやスバル1000のように優れた製品、価値あるサービスを創り出せる素晴らしい会社が日本に満ちあふれ、日本の産業界が末永く発展できるように精一杯支援したいと願っております。

(1)先進的工業製品から創造性とイノベーションを学ぶ

 先進的工業製品の場合ですと、スバル1000という自動車(今日でも最高のファミリーカー)とその設計陣(富士重工業のエンジニアの皆様)を尊敬しています。初代プリウスも衝撃でした。

 パソコンもMacintosh,NeXT Computerなど大好きで、それを創ったスティーブ・ジョブズ氏やアップルの技術者の皆様を尊敬しています。

 こうした、創造的なイノベーションに憧れ尊敬してきたからこそ、野中郁次郎先生の「知識創造理論」(ナレッジ・マネジメントの理論的背景)に感銘を受け、はじめての単著「超・成果主義」を書くことが出来たのです。
 そして、今は「超・成果主義」を第二世代(Mark II)に発展させつつあります。そのポイントは「働きがいとイノベーション・創造性を高める最新手法」の追加です。何が創造性とイノベーションをもたらすのか、そうした問いかけを日常的に続けてきたからこそ、閃きが舞い降りるのです。

subaru1000sportssdan初代トヨタ・プリウス画像
写真の出典:富士重工業株式会社、写真の出典:トヨタ自動車株式会社MacからNeXT、iPhone、iPadのイノベーションの系譜
写真の出典:Apple Inc.、Next Software, Inc.

(2)スポーツから組織活性化やリーダーシップを学ぶ

 アメリカンフットボール観戦も大好きです。アメフトは企業経営に例えられますが、集団格闘技の要素もあるので戦国時代の合戦のようでもあります。その意味で、勝つためのリーダーシップが重要です。さらに、一人ひとりの動機付けや、組織としての①犠牲②共同③闘争の精神や組織力(精神性)など大変興味深いです。
 応援しているのは、文武両道の京都大学ギャングスターズアサヒビールクラブ・シルバースターピッツバーグ・スティーラーズwikipedia)です。

 小学校、中学校と剣道をしていました(初段)。大学では某運動部で活動していました。競技スポーツからは、机上では学べない沢山のことを学びました。

(3)創意工夫は楽しいこと(理論と実践のスパイラル・アップ)

 読書や映画鑑賞、音楽鑑賞、オーディオ、ドライブなどといった一般的な趣味もあります。若い頃は車でサーキット走行などもしていました。

 オーディオは創意工夫で音が良くなるのが楽しいです。様々なノイズ対策や設置方法の工夫など、手間を掛ければ掛けるほど良い音が聞けます。オーディオで大切なのは「高額な費用をかけなくても創意工夫で良い音が手に入る」という事です。
 そのためには、理論的な裏付けと実践によるノウハウが重要です。時には、理論的な裏付けが解らなくても、良い音が出るという経験から実践してみることもあります。その理由は、私はオーディオ技術者ではないので、全ての理論を知っているわけではないからです。

 車の運転の場合は、より理論的な裏付けが重要です。数百キロから1トンあまりの物体を、意のままに動かそうと思えば、物理法則にしたがって運転しなければなりません。2016年には「走れ、86。特別試乗会/富士スピードウェイ」の午前の部に参加させていただきました。25年ぶりにサーキット走行を満喫できた大変素晴らしい体験でした。トヨタ自動車様、有り難うございました。

 最近は、自動車のエアロダイナミックス関連のボルテックスジェネレーター(エアロスタビライジングフィン)やアルミテープチューンを自作するなど、手作りを楽しんでいます。

 スポーツの格言に、「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」という言葉があります。もし、成果主義が上手く行っていない企業が沢山あるのなら、それは「負けに不思議の負けなし」なのです。成果主義の基本的なものの見方・考え方が間違っているのです。

(4)無農薬・有機栽培の家庭菜園

 最近になって家庭菜園を始めました。この趣味も、自然を相手にして害虫や病気に負けないように、創意工夫するのが楽しいです。
 植物を育てる事には、「静かな情熱」が湧いてきます。筋肉痛になったりしながらも、また土いじりをしようと思えてきます。とても不思議です。