著書・寄稿など

  1. 個力を引き出し 強い組織をつくる『超・成果主義』」2005年、単著日本経済新聞社
  2. 「戦略的公務経営のためのOJT」2007年、執筆、財団法人公務研修協議会
  3. 「戦略医業経営の21章」 2006年、共著 医学通信社
  4. 「業績直結型 評価制度実例集」2002年、共著、政経研究所
  5. 「戦略医業経営の17章」2000年、共著、医学通信社
  6. 「すぐにつかえる管理間接コスト削減マニュアル」1997年、共著、生産性出版
  7. 「真の成果を生む人事戦略」2010年、寄稿、りそなーれ誌、2010年3月号、りそな総合研究所
  8. 「中小企業診断士資格をとろう」1993年、寄稿、法学書院 
  9. 月刊保険診療連載「医業経営 救Q外来」 寄稿、医学通信社
    『超・成果主義』加藤昌男著-日本経済新聞社「戦略医業経営の21章」 2006年、共著 医学通信社「業績直結型 評価制度実例集」2002年、共著、政経研究所「戦略医業経営の17章」2000年、共著、医学通信社「すぐにつかえる管理間接コスト削減マニュアル」1997年、共著、生産性出版「中小企業診断士資格をとろう」1993年、寄稿、法学書院合格体験記事「中小企業診断士資格をとろう」1993年、寄稿、法学書院月刊保険診療連載

論文

  1. 効果的な『目標による管理』を推進するための『問題解決型/現状改革型課題』設定手法」(第48回全能連賞受賞、1996年)
  2. 「『成果指向の職務/成果分析』と『ハイパー人事考課』で実現する成果重視型人事制度」(第50回優秀論文入選、1998年)
  3. 『知創型コンピテンシー評価制度の提案』21世紀のナレッジマネジメントを加速する」(第53回全能連賞受賞、2001年)
  4. 「~『知識創造』により人を最大限に活かし真の企業発展に貢献する~“知識創造型人事”革新の提案」(第55回優秀論文入選、2003年)
  5. 雇用多様化時代の『実践キャリア教育』人事戦略~仕事への前向きな価値観『心的資産』を創出し多様な人材を統合・活性化する~」(第58回優秀論文入選、2006年)
  6. 「能力・実績を高める『知識創造型OJT』~コンピテンシー・コーチングによるOJT革新の一試論~」(寄稿「公務研修」第201号、公務研修協議会、2007年)

[全国能率大会(第2部論文発表大会)とは]
経営戦略、研究開発・生産、流通・マーケティング、人事・組織、ITの5部会に分かれ、全国から募集し審査された研究論文を発表討論することによって管理技術および理論の交流研鑚を行うものです。 経営コンサルタントはもちろん、経営コンサルタントを目指す人および企業経営において実践・指導・管理改善に携わる人々にも広く門戸が開かれ、発表された論文のうち最優秀者には、マネジメント界で唯一の「経済産業大臣賞」が、次席には「経済産業省経済産業政策局長賞」が、その他の入賞論文には「全能連賞」が授与されるとともに全入賞論文に対しわが国能率界の3先輩を記念した「上野・伍堂・山下基金」より賞金・賞品が授与されています。